先進技術開発

トヨタらしい
自動運転で、
より良い社会を。

先進シャシー開発部 
Y.W

2005年入社。前職の家電メーカーではパソコンの燃料電池にまつわる基礎研究に従事。「より豊かな社会創りに貢献できる仕事をしたい」という夢を叶えるためにトヨタへ。「新しいことを勉強するのが大好きなので、ゼロから学ぶのが楽しかった」と新人時代を振り返る。

キャリアは、
自分でつくれるもの。

トヨタに入社するときから「個別の部品開発ではなく、クルマ全体にかかわる大きなシステムをつくる仕事をしよう」と心に決めていました。働き始めてから今に至るまでのキャリアも、自身の将来を逆算してレールを敷き、そのとおりに歩んできました。まずはクルマの基礎を学ぶことを目的に、ブレーキキャリパーの設計からスタート。次はアクチュエータの機械設計をしながら、少しずつソフトの設計にも手を広げていきました。そのあとはモデルベース開発、自動運転・先進安全を経て、先進シャシー開発部に至ります。新しい分野に挑む理由を明確に発信したら、上司は耳を傾けてくれます。私がクルマ全体にかかわる大きなシステムをつくりたい理由はひとつ。今までにない豊かさを世の中の人にもたらして、より良い社会を創造したいからです。

トヨタに入社するときから「個別の部品開発ではなく、クルマ全体にかかわる大きなシステムをつくる仕事をしよう」と心に決めていました。働き始めてから今に至るまでのキャリアも、自身の将来を逆算してレールを敷き、そのとおりに歩んできました。まずはクルマの基礎を学ぶことを目的に、ブレーキキャリパーの設計からスタート。次はアクチュエータの機械設計をしながら、少しずつソフトの設計にも手を広げていきました。そのあとはモデルベース開発、自動運転・先進安全を経て、先進シャシー開発部に至ります。新しい分野に挑む理由を明確に発信したら、上司は耳を傾けてくれます。私がクルマ全体にかかわる大きなシステムをつくりたい理由はひとつ。今までにない豊かさを世の中の人にもたらして、より良い社会を創造したいからです。

楽しくてこそ、
自動運転。

トヨタには、さらに豊かな社会を創造する力があります。特に自動運転は社会におけるハイライトです。世界中を見渡すと、IT企業も自動運転に挑戦しており、競合他社は年々増加しています。そのなかでトヨタが目指すべき自動運転とは何だろうか。本当にIT企業としのぎを削るべきだろうか。先進シャシー開発部に異動したのも、トヨタらしい自動運転を確立するためです。もちろん、異動する前に答えは少し見えていました。首都高速で自動運転のデモ走行を実施したときのことです。社内のプロドライバーにアドバイスをもらいながらシステムを構築したところ、運転のスムーズさ、アクセルの加減、ブレーキのタイミングに至るまで、取材に来たマスコミの方々から好評を得たのです。「自動運転にも走りの楽しさは大切だ。そのためにはプロドライバー並に上手い運転ができるクルマに仕上げなければ」と気づいた瞬間でした。

トヨタには、さらに豊かな社会を創造する力があります。特に自動運転は社会におけるハイライトです。世界中を見渡すと、IT企業も自動運転に挑戦しており、競合他社は年々増加しています。そのなかでトヨタが目指すべき自動運転とは何だろうか。本当にIT企業としのぎを削るべきだろうか。先進シャシー開発部に異動したのも、トヨタらしい自動運転を確立するためです。もちろん、異動する前に答えは少し見えていました。首都高速で自動運転のデモ走行を実施したときのことです。社内のプロドライバーにアドバイスをもらいながらシステムを構築したところ、運転のスムーズさ、アクセルの加減、ブレーキのタイミングに至るまで、取材に来たマスコミの方々から好評を得たのです。「自動運転にも走りの楽しさは大切だ。そのためにはプロドライバー並に上手い運転ができるクルマに仕上げなければ」と気づいた瞬間でした。

裏ミッションと、
会社の方針。

さらに言うと「自動運転に走る楽しさを」というお題は、自分だけに掲げた裏ミッションでもありました。走る楽しさを創造できるのはクルマをつくるプロフェッショナルのみです。トヨタはクルマを走らせることについて世界一に値する技術を持っていると信じています。今では会社全体が「トヨタらしい自動運転を追求しよう」という流れになってきました。自分がその方向性を提示したからだとは全く思いませんが、取り組みや考えが正しかったことがはっきりと認識できました。今の仕事は、自動運転を含む未来を見据えたモビリティの制御開発。さらに豊かな社会の実現まで、少しずつ近づいている実感があります。

さらに言うと「自動運転に走る楽しさを」というお題は、自分だけに掲げた裏ミッションでもありました。走る楽しさを創造できるのはクルマをつくるプロフェッショナルのみです。トヨタはクルマを走らせることについて世界一に値する技術を持っていると信じています。今では会社全体が「トヨタらしい自動運転を追求しよう」という流れになってきました。自分がその方向性を提示したからだとは全く思いませんが、取り組みや考えが正しかったことがはっきりと認識できました。今の仕事は、自動運転を含む未来を見据えたモビリティの制御開発。さらに豊かな社会の実現まで、少しずつ近づいている実感があります。

トヨタは、
夢を叶える手段。

私は、トヨタは自分の想いを実現するための手段ととらえています。仕事へのスタンスも「会社のために」よりも「社会のために」という姿勢が第一です。トヨタは「社会をより良くするために何ができるか」という考えを大切にする会社です。前述した私のスタンスはトヨタの考えとも直結します。最近、よく想像するのは「次世代モビリティが普及するためには何が必要か」ということです。答えを少しでも早く見つけたくて、AIについて勉強し、開発チームも立ち上げました。もともと私は家電メーカー出身ですが、新しいことを勉強するのが大好きです。異業界からの転職をハンデに思ったことは一度もありません。

私は、トヨタは自分の想いを実現するための手段ととらえています。仕事へのスタンスも「会社のために」よりも「社会のために」という姿勢が第一です。トヨタは「社会をより良くするために何ができるか」という考えを大切にする会社です。前述した私のスタンスはトヨタの考えとも直結します。最近、よく想像するのは「次世代モビリティが普及するためには何が必要か」ということです。答えを少しでも早く見つけたくて、AIについて勉強し、開発チームも立ち上げました。もともと私は家電メーカー出身ですが、新しいことを勉強するのが大好きです。異業界からの転職をハンデに思ったことは一度もありません。

先進技術開発部門とは

未来のモビリティを創造するための先端研究や先行開発、そこで生まれた技術を実際の製品に仕立てる製品開発を手がけています。自分たちが新しい未来を想像して、描く。常に新しいものを考えて生み出す難しさと魅力が、ここにはあります。

特集 IoT機器・クルマでつくるモビリティ社会は“CASE”にあり
100年に一度の大変革の時代に突入している自動車業界にとってのキーワードは“CASE”。
それは、ITに携わるエンジニアにとってこのうえなく刺激的な世界でもあるのです。

MORE

ページのトップに戻る